幼年画

¥ 1,728

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

SOLD OUT
幼年画
原 民喜 (著)/nakaban (イラスト)
サウダージ・ブックス ,2015

遠藤周作が絶賛した小説「夏の花」の作家が、原爆投下以前の広島の幼年時代を追憶する美しく切ない短編小説集―。
広島・被爆70年という歴史の節目に、同地出身の詩人・小説家、原民喜(1905~1951)の文学を紹介。
「三田文学」等で活躍し、原爆投下直後の広島の惨状を描いた名作で知られる作家・原民喜。
戦後、自ら命を絶つ前に作家自身によって編まれた短編小説の連作「幼年画」をはじめて単行本化。
古書・蟲文庫の店主でエッセイストの田中美穂の解説を付し、原民喜の知られざる初期作品に新しい光をあてる。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サウダージ・ブックス(現・瀬戸内人)さんより発行された「幼年画」。
2016年に、装丁も生まれ変わって新たに出版されますので、こちらの装丁はもう手に入らなくなります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

© 125naroom