けもの道の歩き方 猟師が見つめる日本の自然

¥ 1,728

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

けもの道の歩き方 猟師が見つめる日本の自然
千松 信也
リトルモア,2015

現代社会の隙間を縫うように暮らす。
獲って、さばいて、食べる。
「生活者としての猟師」が今、求められている。
野生動物たちと日々行き交い、これからの自然を思う、20のエッセイ。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東ティモールで、独立を決める住民投票がおこなわれるときに、国際投票監視委員として関わっていたという千松さん。
そのときの衝撃から、経済優先の社会に異を唱える生活を自ら実践しようと、猟師になることを決めたそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

© 125naroom