僕は、そして僕たちはどう生きるか

¥ 929

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

僕は、そして僕たちはどう生きるか
梨木香歩
岩波現代文庫,2015

やあ。よかったら、ここにおいでよ。気に入ったら、ここが君の席だよ――
『君たちはどう生きるか』の主人公にちなんで「コペル」と呼ばれる14歳の「僕」。ある朝、染織家の叔父「ノボちゃん」がやって来て、学校に行くのをやめた「ユージン」に会いに行くことに……。
そこから始まる、かけがえのない一日の物語。





・・・・・・・・・・・・・・・・・

吉野源三郎さんが1982年に出版された、「君たちはどう生きるか」という本に、コペル君という少年が出てきます。
30年以上の時を経て、梨木香歩さんは、「コペル君」という名の少年を主人公にして、本書を書かれました。
本は時代を超えて読み継がれ、また新たな物語が誕生し、、本同士が対話しているようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

© 125naroom