まなざしが出会う場所へ

¥ 2,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

まなざしが出会う場所へ
―越境する写真家として生きる
渋谷 敦志 著
新泉社
2019

「その眼に射抜かれることもある。その眼に挫折することもある。それでもなお、お前は何者なんだ、と厳しく問いつめる眼に自分を開いておくこと。
見つめ、見つめられ、まなざしが交差する十字路が、ぼくのカメラのレンズに映っている。
そこに近づけるだろうか。
そのためには、どうしても置き去りにできないあの眼が問うものについて考え続けるしかない。自分が感じたあのおののきの意味を幾度も反芻すること。ボーダーランドをゆく旅で出会った忘れられない人びとの面影と、写真家にしかできない魂の対話を続けながら。」
——本書より


どうして見つめ返すのか。困難を生きる人びとの眼を——。アフリカ、アジア、東日本大震災後の福島へ。フォトジャーナリストが自らに問うルポルタージュ。
国境なき医師団との関わりから写真家として歩みはじめた著者は、世界各地の紛争や飢餓や児童労働、災害の現場を取材し、人びとが人権を奪われ、生きづらさを強いられる現代社会の「問題」を発見する。それは同時に、一人ひとり固有の名前とまなざしをもつ「人間」に出会う経験でもあった。
困難を生きる人びととわかりあえないことに苦悩しつつ、「共にいられる世界」を切実に求めて旅する著者の声は、分断の時代に私たちはどう生きるのかという道を指し示す。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
渋谷敦志 写真集 → 「回帰するブラジル」(瀬戸内人 発行)

ショップの評価

  • 歌は分断を越えて

    歌は分断を越えて

  • 尹東柱詩集 空と風と星と詩

    尹東柱詩集 空と風と星と詩

  • ベンヤミン・アンソロジー

    ベンヤミン・アンソロジー

  • ぐるりのこと

    ぐるりのこと

    梨木さんの本が読みたくてずっと探していました、ブックカバーやしおり、丁寧な手書きのメッセージまで感動いたしました、ありがとうございます。また利用させていただきます。

  • 村田エフェンディ滞土録

    村田エフェンディ滞土録

  • f植物園の巣穴

    f植物園の巣穴

  • うさぎがきいたおと

    うさぎがきいたおと

  • しろくまピース 10年のおもいで

    しろくまピース 10年のおもいで

  • カシタンカ

    カシタンカ

  • 見えないものに、耳をすます ―音楽と医療の対話

    見えないものに、耳をすます ―音楽と医療の対話

  • 海の上の少女 シュペルヴィエル短篇選

    海の上の少女 シュペルヴィエル短篇選

  • よいひかり

    よいひかり

  • 苦海浄土

    苦海浄土

  • マレーの感傷 金子光晴初期紀行拾遺

    マレーの感傷 金子光晴初期紀行拾遺

  • 年月日

    年月日

    丁寧に包装していただき、ありがとうございます。 これからゆっくり読もうと思います。

  • 小さな幸せがみつかる世界のおまじない

    小さな幸せがみつかる世界のおまじない

    迅速なご対応ありがとうございました。

  • 舟に寄せて

    舟に寄せて

  • 観光記

    観光記

  • ありのままがあるところ

    ありのままがあるところ

    素敵なメッセージとともに無事届きました。ありがとうございます。かわい過ぎるブックカバーと栞に感動。。

  • たのしい暮しの断片

    たのしい暮しの断片

    無事に届いております。いつも素敵な言葉も一緒に届けてくださり、ありがとうございます。またよろしくお願いします。

通報する

Features

© 125naroom