睡蓮 長屋のり子詩集

¥ 2,700

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

睡蓮 長屋のり子詩集
長屋 のり子 著
野草社 出版

もうすぐ死んでしまう兄が、
火を焚いてくれている。
この世での兄弟の最後の愛の証のように一心に
火を焚いてくれている。
――本書より

「詩は愛しい死者達との融通無碍の通路になった」。詩人・山尾三省の妹による追憶の歌。
家族の時間、日々の情景をみずみずしい筆致で描いた著者の代表作を、増補新版として復刊。花崎皋平(哲学者)、嵩文彦(詩人)、宮内勝典(作家)の解説を付す。
(発行=野草社)

「宮沢賢治の「永訣の朝」は、死にゆく妹への慟哭であった。そして、この『睡蓮』に鳴りひびいているのは、死にゆく兄への慟哭である」
(解説・宮内勝典「おなり神の歌」より)。

ショップの評価

  • サントリーバー露口 12ストーリーズ

    サントリーバー露口 12ストーリーズ

  • 献灯使

    献灯使

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

© 125naroom